« 10月26日 会計ミーティングをしました | Main | 11月10〜11日沖縄でフェスタ出展 »

October 31, 2007

調布市 市民活動支援センター

 10月29日、調布市の市民活動支援センター運営委員会に出席しました。

 DADAのメールボックスは、調布市市民プラザあくろすの中にある市民活動支援センターにあるのですが、尾関は今年度から(契約は2年)、この支援センターの運営委員を努めています。センターを利用している団体からの視点で運営を考えるということですね。

 運営委員会は、年に5~6回あります。今回の会議では、「わたし達が考える市民活動とは?」と、「わたし達が考える市民活動の拠点とは?」という、いわば活動の原点を再度見直すということで、各委員が発言をするというものでした。

 DADAは、調布に来てまだ数年です。企画の際には、会場の手配から始まり、広報をお願いする先など、何から何まで新しいことでしたので、支援センターにずいぶん助けていただきました。と、同時に、一市民として、「市民活動って何?」、「市民参加って何?」という疑問も浮かんできます。

 例えば、「協働」という言葉がありますが、意味がよくわからない。同様に、「市民参加」も。政治への市民参加であれば、まだちょっとわかるのですが。

 地元で働いている人、地域に住んでいてサポートが必要なお年寄り、子供がいる家庭にとって、こうした活動は重要であるとは思うのですが、地域の外で働いていて、夜寝に帰るだけの人にとって市民活動って何だろう?
私自身も、地域に住んではいるものの、「地域」というものがどうあるべきなのか?そもそも「あるべき」なんて姿があるのだろうか、と帰り道に考えてしまいました。

 自治会といえば回覧板だけだし、印刷機があるから公民館に行くだけ?よく利用するのはせいぜい図書館くらい。「災害が来た時に知り合いだと助け合える」というような目的のための地域ではないだろうし。いえ、別に重要でないという意味ではないのです。うまくいえないんですが、目的で地域を考えちゃいけないんじゃない・・・?と思いつつ、自分も含めたセンター側の気持ちと、自分もそうである「一住民」のそれとは、ちょっと距離があるような気がする・・・自分自身の中でもそれは二分されているものだなと思いながら帰路に着きました。

 なんか、独り言みたいですみません。運営委員は、個人の資格ででていますが、DADAという活動があることで委員になったいきさつがありますので、ブログに書いて見ました。(お)

|

« 10月26日 会計ミーティングをしました | Main | 11月10〜11日沖縄でフェスタ出展 »

Comments

The comments to this entry are closed.