« レイナルド・アレナスの『夜になるまえに』 | Main | 会報7号を発行しました »

April 01, 2008

「事実」と「意見」

 今日から4月。新年度が始まります。

 そう言うそばから、昨年度の話で恐縮ですが、ただ今、昨年2月中旬に開催した「読者座談会」を元に、「メディア・ウォッチ」特集を編集中です。4月中旬には、皆様にお届けできるよう、がんばっています。

 座談会で出されたコメントで印象深かったものは、
●「事実」と「意見」がごっちゃになっている記事がある。
●「写真」と記事の内容に関係ない・無理にイメージを作っている記事がある。
●重要なのは、掲載の「行数」か、「件数」か?
●「スポーツで優秀な成績をあげたアフリカ選手の記事」へのアフリカの人の反応
等などです。

 特集では、座談会の概要とあわせて、これらの視点を、DADAの見解とあわせてお伝えする予定です。
ちょっと遅れていますが、お待ち下さい。(お)

|

« レイナルド・アレナスの『夜になるまえに』 | Main | 会報7号を発行しました »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「事実」と「意見」:

« レイナルド・アレナスの『夜になるまえに』 | Main | 会報7号を発行しました »