« May 2008 | Main | July 2008 »

June 30, 2008

6月28日 ムビラサミット

 6月28日の土曜日、横浜駅そばのThumsUPというライブハウスで、ムビラサミットが行われました。

 このサミットは、もう3回目で、ムビラの楽しさ・美しさを知ってもらい楽しんでもらう企画なのですが、キャッチコピーどおりに、日本中のムビラ奏者を集めた!という文字通り迫力満点の企画でした。演奏は、伝統的なものから現代的なものまで、幅広く、ムビラ・ジャカナカさんや、ハヤシエリカさんというジンバブウエつながりの方をはじめとして、色々なミュージシャンの方の演奏で、ムビラを楽しむことがでいました。

 このイベントには、私と、長野県で、ジンバブウェの子ども達に奨学金を送っている「ジンバブウェ友の会」の林本久美子さんがトークゲストとして招かれ、さらにスペシャルゲストとして、ケニアから一時帰国している早川千晶さんと近藤ヒロミさんのトークとムビラ演奏がありました。

 ちょうど、偶然に大統領選決選投票翌日だったこと、林本さんも私も、4,5月の同じ時期にジンバブウェ入りしていたこともあり、林本さんからは、普段あまり聞くことの出来ない報告を聞くことができ、早川さんも、今年初旬にあった、ケニアでの暴動のことに触れて話され、会場の方が熱心に耳を傾けてくれていました。 

013
 写真は、ハヤシエリカさんが撮ってくださった私のトークの部分です。私は、トップバッターでしたので、ジンバブウェってどんなところ?というのをテーマに、種の話もあわせて、活動はちょっとだけお話しました。ちなみに、後ろに写っているのは、2000年の写真です。

 会報などで、ご案内していたので、来てくださった方もいらっしゃったのは、ちょっと嬉しかったです。
 このような機会にお招きいただき、ありがとうございました!(お)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月1日 ジンバブウェ報告会

 6月1日にジンバブウェ報告会を行いました。

 今回は、帰国直後ということもあり、4月~5月にかけてみてきたジンバブウェの様子を中心にご報告いたしました。
Img_6898

去年の雨季(おととしの11月から去年の3,4月)は、1月の中休みが長すぎて、枯れてしまうところもあり、その後2月以降の大雨で豊作になったところもありました。今年(去年の11月から今年の3,4月)は、その経験もあり、遅め遅めに種をまいた農家が多かったようです。しかし、皮肉なことに、今年の雨は、例えば、シャシェのN氏の「去年の11月5日から降り始めて1月14日にぴたっと止まり、あとは文字通り一滴も降らなかった」という言葉にもあるように、雨が後半降らなかったため、今年、遅めにまき始めた作物はほぼ壊滅状態。膝のところにも満たない高さのまま枯れているメイズをあちこちで見ました。Ts311157

 
 逆にハラレ近辺では、雨が多くて、根ぐされを起して雨季初めに巻いた作物が全滅。←これは、ハイブリッド、F1だったそうですが、その後で在来種(OPV)を巻きなおした農家もいて、在来種はうまくいったという話でした。

 参加者からは、大変な状況だが、それでもこつこつと日々を努力して送っている姿にうたれたというコメントもいただき、嬉しかったです。困難な状況であることは違いないのですが、だからといって、手をこまねいているわけでもなく、ただ救援を待っているだけでもなく、日々、できるだけの努力をしている人びとの姿をほんの少しでも伝えられたのであれば、こんな嬉しいことはありません。

 DADAメンバーへの報告もかねておりましたので、広報はあまり大規模には行わず、いつもの、調布市国領にある調布市 市民活動支援センターのはばたきコーナーで開催いたしました。

 毎回、新しい方が来てくださり、嬉しい限りですが、今回気がついたのは、JOCVの方(一時避難中の方もいらっしゃいました)や他の仕事でジンバブウェに暮らしていた方はDADAがあまり知らなかっただけで、結構いらっしゃるということ。それぞれの方が見ているのは、まったく違うジンバブウェですが、そのどれもが、本当のジンバブウェなのだと思います。そうした一人一人の点でしかないジンバブウェを、ちょっとでもつないで、せめて線にすることができないかなと考えています。

 参加してくださった皆様、会場を提供くださった市民活動支援センターの皆様、ありがとうございました。(お)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »