« July 2010 | Main | January 2011 »

October 05, 2010

バレンタイン裁判の話

このブログでお話をするのは初めてかもしれません。DADAの会報の挟み込みなどでは何度かご報告していましたが、ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 DADAというより、DADA公認で尾関葉子が関わっている運動に「バレンタイン裁判支援会」があります。これは、ナイジェリア人のバレンタインさんの裁判を支援している会で、拙いながら、通訳を担当させていただいています。
(いや、通訳なんておこがましいです・・・。なにせ、法律用語がいっぱいなので毎回四苦八苦してます。)

 ナイジェリア人のバレンタインさんは、2003年に新宿で客引きをしていましたが、おとり捜査の警察官とは知らずに話かけたところ、バイト仲間の「逃げろ!」という声にあわてて走り出したところ、警察官に投げ飛ばされ、路面に仰向けに倒れたところを膝を踏みつけられて粉砕骨折を負わされました。拘留中の不適切な対応(すぐに病院に連れて行かなかった)こともあり、障害が残ることになってしまいました。

 警察は、自分で看板にぶつかったとして、あくまでも自損事故で警察の責任はないと主張。バレンタインさんは、東京都(新宿警察)を相手に民事訴訟(損害賠償請求)を起しました。

 一審では、2007年までかかって裁判がおこなわれましたが、東京都(警察)の主張が全面的に支持され敗訴。しかも、裁判所は、東京都側に対しては、警察官の同僚の証言を認めているにも関わらず、バレンタインさん側の証人の証言を、「歌舞伎町黒人コミュニティーの仲間である同国人の証人証言を、そのまま信用することは到底できない。」とまで記しています。

 バレンタインさんは、高等裁判所に控訴(控訴してから、支援会ができました)しました。控訴審としては異例の長さの3年かかって弁論が続けられましたが、この7月、またしても、主張は認められず、敗訴が決定。

 その後、「これ以上やっても無駄」、「日本に正義なんかない」と憤りを感じながらも、周囲の説得もあり、バレンタインさんは、最後の望みとして、最高裁に上告しました。

 損害賠償請求(民事訴訟)という方法でしか、警察の責任を追及できる方法がないことから、裁判を繰り返していますが、バレンタインさんが欲しいものは、怪我をした原因が警察にあることを認めてもらいたいだけ。

 いわゆる国賠とよばれる、国を相手にした裁判は、ほとんど勝ち目がないと言われていますが、同じようなことは、いつ自分達の身に降りかかるかもしれない。なにより、日本人でさえ悩むのに、日本に住んでいる外国人の人が、国を相手に裁判をおこそうと決意するまで、ものすごい葛藤があったのだろうと察することができます。

 一人でも、この裁判を知ってもらいたく、あらためて「バレンタイン裁判支援会」のウェブサイトをご紹介します。ぜひ、一度訪問してみてください。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2010

農水省で話をしました

 今、更新をして、ブログを読み直したところ、7月3日の親指ピアノフェスティバル以降、更新をしていないことに気がつきました。ひぇ~。すみません。1%のほうはもう少し更新していたのですが・・・。

 そこで、遅ればせながら、7月9日の農水省で講義をさせていただいた時の報告を・・・。

 講義は、農水省の「海外技術者研修」で、将来国際協力の分野に就く予定・希望の農水省職員を対象とした研修です。私は今年で3年目。テーマは、「開発途上国における経済的発展の工夫~ジンバブウェの農民グループ支援活動を通じて~」でした。DADAがおこなったジムト村やシャシェ村でのチャート作りや、販路探しのワークショップなどを事例にご報告しました。

 毎回、このテーマの講義で使う導入は、「もしあなたが突然クビになったら、どうしますか?」
 ジンバブウェの経済破綻、失業って他人の話と思われていますが、自分がクビになって、社宅もすぐにでないといけない、というのは、もはや外国の話だけではないですからね。もっとも、公務員の場合ですと、あまり実感がないかもしれないのですが・・・。
 
 今回は、「経済的発展」というテーマに引っ張られて、経済破綻の話や、販路についての話を中心にしたせいか、質問の第一発目が、「つまり、ジンバブウエでは、(作物を)作ることに問題はなくて、売り方を教えれるNGOがいれば大丈夫ということですね?」というものでした・・・。まぁ、テーマから見れば、確かにその通りです。そういう意味では、ちゃんとできたのかなぁと・・・。

 でも・・・、そうですねぇ・・。作物、作れます、ちゃんと作ってます。確かに、西アフリカなどの砂漠化がかなり深刻な地域と比べて、雨量も(シャシェは年間400~600ミリリットル程度)あるし、土地も肥えていますし・・・。でも、マーケティングだけが問題か?と聞かれれば、ちょっと違うかなぁ。作物がまったく取れない年もあるわけで・・・。

 というわけで、毎回反省させられっぱなしの講義ですが、今回も、宿題をいただきました。何回やっても、講義は難しいですね。(お)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今月下旬発行の『NPOマネジメント』

 久しぶりの更新です。

 9月いっぱいまで、お休みすると決めて、今まで時間に追われてできなかったことをやろうと思っていたのですが、やっぱりできませんでした。もう10月ですね。。。9月末にジンバブウェから、「具合はどうだ?みんな寂しがっているぞ~」と泣きそうになるようなメールをもらいました。ちなみに、ものすごく暑いそうです。9月ですからねぇ。あと1ヶ月で雨季が始まります。

 ところで、隔月で発行されている雑誌『NPOマネジメント』に書いている連載『アフリカNGO事情』ですが、次の号で、『HIV/エイズと生きる(上)』を書きました。ちょうど今、10月4日・5日にニューヨークで開かれる「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」の第3次増資期間会議が開かれていますが、先月、東京で、同基金の当事者理事である、ザンビアのキャロル・ニィレンダさんの話を聞いたのがきっかけで、初めてHIV/エイズをテーマに取り上げて原稿を書きました。

 ジンバブウェでも、具合悪そうだなぁ・・と思っていると、いなくなり、「郷里に帰った」と聞かされてしばらくすると、「亡くなった」友人が何名もいます。 「自分はエイズだ」、と話してくれたとてもとても美しい女性もいました。彼女は、イギリスにいるお姉さんを頼って渡英し、今は、大好きだった自分の国で眠っています。渡英する前、マシンゴの湖が見える所で食事をしながら、「ほら、この国はこんなに美しいでしょ?こんなに美しい国を離れなきゃならないなんて・・」と言っていた言葉が今でも耳に残っています。

 でも、HIV/エイズは、以前と違って、「不治の病」ではなくなりました。「慢性病」つまり、治療さえ続けていれば死なずに寿命まで生き延びられる病になったのです。とは言うものの、誰もが薬にアクセスできているわけではありません。そうした状況を改善しようとしている当事者の人々の姿、そしてNGOの活躍をご紹介したいと思いました。

 連載は、10月発行号と12月発行号の2回連続で、「HIV」をテーマに書いています。書店では購入できないので、ご関心を持ってくださる方は、ぜひ、発行元の「人と組織と地球のための国際研究所(IIHOE)」にお申込下さい。

 なお、世界基金については、世界基金日本委員会のサイトから。
 基金をはじめ、世界のエイズ支援の情報は、アフリカ日本協議会のこちらの頁から見ることができます。 

 ちなみに、来日されていたニィレンダさんが参加された世界基金とマグナムフォトの共同制作写真展「命をつなぐ」ですが、写真展は9月で終わってしまいましたが、ウェブサイトで一部写真を見ることができます。今からでもぜひご覧ください。

 ところで、久しぶりの更新のせいか、文章がなんか、はきはきしませんね・・・。すいません。まだ休みボケなのかもしれません。リハビリ中だと思って勘弁してやってください。(お)
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | January 2011 »