« October 2010 | Main | February 2011 »

January 24, 2011

おみくじ

おみくじ

1月はじめに、府中の大國魂神社に初もうでにいってきておみくじをひきました。

『言』 みことばというところがあるのですが、

天の道はあまりあるを損じて足らざるを補う。
人の道は即ち然らず。
足らざるを損じて以て余りあるに奉ず。(老子)

意味は、『余分なところから取って、足りないところを補うのが「天の道」(自然の法則)なのだが、人間世界ではそうなっておらず、足りないところからさらに取って、余分にあるところに持って行っている』という内容なのだそうです。

なんで、こんな世界の話がおみくじに出るの?私のおみくじに・・・。、私にどうしろというの??と、悩みました。
実は、10月にお礼詣りに来た際にひいたおみくじも、『だから私にどうしろっていうの・・・・?』と言いたくなるような御言葉だったので・・・。


『世界とか日本とかが必ず出てくるのね。』と周囲に言われつつ家路につきましたが、家についてから、ハタと。。。

DADAはアフリカ支援をしています、というのは、てっとり早くDADAを紹介する時の言葉です。
でも、『支援』してるのかなぁ・・・・? 
『対話と行動』がモットーのDADAですが、対話・・・この一年、対話も行動もおこせませんでした。

でも、日本にいれば、問い合わせは来るわけで、ジンバブウェの写真をたくさん使います。
双方のためになることを、と思って始めた活動ですが、とりわけこの一年、日本のためにしか動いていない・・・、ジンバブウェの情報を使って・・・・。   これも、ないところから余分にあるところに持って行っているってことなのでしょうか・・・。


おみくじといえども、あなどれません。さすが、天の声。
年の初めに、反省した一日でした。

10月にひいたおみくじの話はまた今度。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

活動報告(2010年12月)

昨年の話で恐縮ですが、活動報告です。
12月は活動再開一か月目。来訪者がありました。

おひとりは、ずっと前から問い合わせをいただいていた大学生の方です。
私が具合悪くなり始めたころに連絡をいただいていたのでほぼ半年お待たせしてしまいました。
ジンバブウェの教育に関心がある学生さんにジンバブウェの状況を説明したのですが、なんと!

吉國恒雄先生の『グレート・ジンバブウェ』を読んで感銘をうけてジンバブウェに関心をもったといわれました。

。。。。。感激しました・・・・。

こうしたアポを受けるときは、たいがい、メールボックスのある調布市市民活動支援センターのはばたきスペースをお借りするのですが、学生さんにお会いする日は、ちょうどセンターの見学を兼ねて図書館ボランティアさんたちが来られる日でした。『センターを使っている団体の方と話がしたい』というご要望があったので、私が参加してDADAの活動とどういう風にセンターを使っているか、という点をご説明しました。

そのあと、学生さんが来られるまで、作業をしていたのですが、図書館ボランティアさんの中から、月一程度ならお手伝いできます、と名乗り出てくださった方がいらしたのです!

さっそく、クリップ記事の入力ボランティアをお願いしました。

12月になって活動再開をし、すぐにアポを入れたのですが、その日にボランティアさんが来てくださるなんて、感激です。ちゃんと仕事しなくちゃ!と気を引き締めたところです。


簡単ですが、作業報告でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2011

最近の学生さん

前述した『NPOマネジメント』(人と組織と地球のための国際研究所発行)の原稿を入稿してしばらくして、夏に移転した事務所の御披露目も兼ねた忘年会で、久しぶりに、編集協力委員や編集関係者が集いました。

席上挙がった話題が、「最近の若い人の内向きな点」。

確かに、ここ数年で、「バックパッカーが減った」とか、「海外の話をすると、以前なら夏休みに実際に行ってみる学生がいたのに、最近はネットで調べて満足してる」という話はよく聞きますね。

でも、中には、中東に自分で就活に行く学生や、「本を読んでもわからないから、行ってみたい」と言う元気な学生さんがいるのもまた事実です

こんなご時世ですから、元気な人が減るのはある程度仕方ないかもしれないけれど、とにかく元気な人をサポートすることだけでも、まず頑張ろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NPOマネジメント

NPOマネジメント
先月(12月)の活動報告です。

隔月で発行されている雑誌『NPOマネジメント』(人と組織と地球のための国際研究所)に連載している『アフリカNGO事情』が45回になりました(^_^)。

45回目は、「HIV/エイズと共に生きる(下)」です。NGOがこの分野で切り開いてきた様々な動きをご紹介しています。


例えば、治療薬の無料配布というのは、今のHIV/エイズ対策支援のスタンダードになっていますが、かつてはあまり行われていませんでした。それを始めたのはNGO(国境なき医師団)だったり、

エイズ治療の必要性を訴えたり、行政に働きかけて無償化を勝ち取ったのもNGOや市民運動の成果です。

今号ではそうした点を中心にご紹介しています。


『NPOマネジメント』は書店で販売していないので、ご希望の方はぜひぜひ事務局にご注文下さい。ブログはこちら→http://blog.canpan.info/iihoe/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2011

あけましておめでとうございます

Shashefuji

 皆様、新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、あまり活動ができず、応援してくださっている皆様には本当に申し訳なく思っております。わたし達の活動の脆弱さが身にしみた一年でした。

 昨年は、ジンバブウェに通い始めてから15年目にして初めて、アフリカに行くようになってから18年目にして初めて、ジンバブウェ&アフリカに行かない1年でした。 

 昨年、大手メディアからジンバブウェの情報は殆ど消えていましたね。
 その反面、個人的につながりのある方が色々な情報を発信されていましたが、中には、ジンバブウェとは直接関わっておらず、近隣国から見ている情報もあり、そういう情報はやはり、外からみているニュースとまったく変わらないものもあって、つくづく、通い続けることの大切さを感じた一年でもありました。

 ただ、昨年は、地元とのつながりが増えた一年でもありました。そのつながりから、今年は、国内での動きを違った形で展開して行きたいと思っています。

 DADAの動きも、NGO、組織、活動、といったものから、より運動的なものになるのかなと考えています。

 この一年、皆様にとっても有意義な明るい一年でありますことをお祈りしております。

 尾関葉子
(写真は、シャシェ村の風景)

 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | February 2011 »